読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

srupのメモ帳

競プロで解いた問題や勉強したことを記録していくメモ帳

yukicoder No.34 砂漠の行商人

yukicoder bfs

問題

問題概要

省略

解法

2次元座標のなかで、スタートからゴールまで最短距離で行けるかを判定する問題。最短経路を求めるのだから、bfsで解けばいい。ただし、よくある迷路のような問題で最短距離を求める問題は、状態が座標のみでよいが、今回は残りの体力がどれだけあるかも考えなければならないので、状態数が3つとなる。よって、used[y][x][t] := (x,y)に残り体力tで行くときの最短時間とおき、これを幅優先探索で埋めていかなければならない。

類題? 状態数が3つ必要な問題のゴールまで行けるかの判定バージョンの問題 mmxsrup.hatenablog.com

ミス

枝刈りできるみたい。

コード

#include <iostream>
#include <algorithm>
#include <queue>
#include <tuple>
#include <cstdio>
using namespace std;
typedef long long ll;
#define rep(i,n) for(int i=0;i<(n);i++)
const int INF = 1e8;
int dy[] = {1, 0, -1, 0};
int dx[] = {0, 1, 0, -1};
int n, v, sx, sy, gx, gy;
int cost[110][110];//cost[i][j] i->jのコスト
//used[y][x][t] := (x,y)に残り体力tで行くときの最短時間
int used[110][110][10010];

int main(void){
    cin >> n >> v >> sx >> sy >> gx >> gy;
    sx--; sy--; gx--; gy--;
    rep(i, n)rep(j, n) cin >> cost[i][j];
    rep(i, 110)rep(j, 110)rep(k, 10010)used[i][j][k] = INF;

    queue<tuple<int, int, int>> q;
    q.push(make_tuple(sy, sx, v));
    used[sy][sx][v] = 0;
    while(!q.empty()){
        int y, x, t;
        tie(y, x, t) = q.front(); q.pop();
        if(y == gy && x == gx){
            printf("%d\n", used[y][x][t]);
            return 0;
        }
        rep(i, 4){
            int ny = y + dy[i], nx = x + dx[i];
            if(!(0 <= ny && ny < n && 0 <= nx && nx < n)) continue;
            int nv = t - cost[ny][nx];
            if(nv <= 0) continue;
            if(used[ny][nx][nv] != INF) continue;
            used[ny][nx][nv] = used[y][x][t] + 1;
            q.push(make_tuple(ny, nx, nv));
        }

    }
    printf("-1\n");
    return 0;
}