読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

srupのメモ帳

競プロで解いた問題や勉強したことを記録していくメモ帳

ARC 005 C - 器物損壊!高橋君

arc bfs

問題

問題概要

省略。

解法

よくあるのは、used[y][x]で(x, y)へ行くことができたことをメモしてbfsをやったりしていたが、今回は、何回壁を壊して、(x, y)へ到達できたかの情報も必要なので、used[y][x][k]として、k=0なら壁を壊さず、(x, y)へ到達できており、k=1なら1度、k=2なら2度壊して、(x, y)へ到達できたことを示すようにして、bfsをやった。dfsでもできるのかな。

ミスs

tuple初めてつかった。 これまでは3要素が欲しいときは、queueを2つ用意してやってた。tieで異なる変数に同時に代入できるのは楽だった。

コード

#include <iostream>
#include <string>
#include <queue>
#include <tuple>
#include <cstdio>
using namespace std;
#define rep(i,n) for(int i=0;i<(n);i++)
int dy[] = {1, 0, 0, -1};
int dx[] = {0, 1, -1, 0};
int h, w; 
string c[510];
bool used[510][510][3];//k=0:壁壊し0 k=1:壁1壊し k=2:壁2壊し
int sy, sx, gy, gx;
int main(void){
    cin >> h >> w;
    rep(i, h) cin >> c[i];
    rep(i, h)rep(j, w){
        if(c[i][j] == 's'){
            sy = i; sx = j;
        }
        if(c[i][j] == 'g'){
            gy = i; gx = j;
        }
    }
    rep(i, 510)rep(j, 510)rep(k, 3)used[i][j][k]= false;

    queue<tuple<int, int, int> > q;
    q.push(make_tuple(sy, sx, 0));
    used[sy][sx][0] = true;
    while(!q.empty()){
        int y, x, t;
        tie(y, x, t) = q.front(); q.pop();
        if(y == gy && x == gx) break;//ゴール
        rep(i, 4){
            int ny = y + dy[i], nx = x + dx[i];
            if(!(0 <= ny && ny < h && 0 <= nx && nx < w)) continue;
            if(t == 2 && c[ny][nx] == '#') continue;//もう壁壊せない
            if(used[ny][nx][t]) continue;//すでに調べている
            if(c[ny][nx] == '#'){
                used[ny][nx][t + 1] = true;
                q.push(make_tuple(ny, nx, t + 1));
            }else{
                used[ny][nx][t] = true;
                q.push(make_tuple(ny, nx, t));
            }
        }
    }

    rep(i, 3){
        if(used[gy][gx][i]){
            printf("YES\n");
            return 0;
        }
    }
    printf("NO\n");
    return 0;
}