読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

srupのメモ帳

競プロで解いた問題や勉強したことを記録していくメモ帳

yukicoder No.267 トランプソート

yukicoder ソート 文字列

問題

問題概要

文字列をソートする。

解法

単純に文字列を比較することはできない。ただし、1文字目は4種類、2文字目は13種類しかないので、その文字を通常のsortで比較できるように文字列をAから順に利用して置換することで、通常通りsortが行えるようになる。

ミス

比較関数が複雑なときは、比較するものを置換することでやりやすくなるかもしれない。

コード

#include <bits/stdc++.h>
using namespace std;
typedef long long ll;
typedef vector<int> vint;
typedef pair<int,int> pint;
typedef vector<pint> vpint;
#define rep(i,n) for(int i=0;i<(n);i++)
#define reps(i,f,n) for(int i=(f);i<(n);i++)
#define each(it,v) for(__typeof((v).begin()) it=(v).begin();it!=(v).end();it++)
#define all(v) (v).begin(),(v).end()
#define pb push_back
#define mp make_pair
#define fi first
#define se second
#define chmax(a, b) a = (((a)<(b)) ? (b) : (a))
#define chmin(a, b) a = (((a)>(b)) ? (b) : (a))
const int MOD = 1e9 + 7;
const int INF = 1e9;

int main(void){
    int n; cin >> n;
    vector<pair<string, string> > s;
    rep(i, n){
        string t; cin >> t;
        string d = "";
        if(t[0] == 'D') d += 'A';
        else if(t[0] == 'C') d += 'B';
        else if(t[0] == 'H') d += 'C';
        else if(t[0] == 'S') d += 'D';  

        if('2' <= t[1] && t[1] <= '9') d += 'A' + (t[1] - '1');
        else if(t[1] == 'A') d += 'A';
        else if(t[1] == 'T') d += 'M';
        else if(t[1] == 'J') d += 'N';
        else if(t[1] == 'Q') d += 'O';
        else if(t[1] == 'K') d += 'P';
        s.pb(mp(d, t));
    }
    sort(all(s));
    rep(i, n){
        cout << s[i].se << " ";
    }
    cout << endl;
    return 0;
}