読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

srupのメモ帳

競プロで解いた問題や勉強したことを記録していくメモ帳

yukicoder No.154 市バス

yukicoder 考察 実装

問題

問題概要

バスが通るのを記録する。それぞれの系統に対して、最終1つ前のバスと最終のバスはほかのバスとその他のバスをそれぞれ異なるように記録している。その記録が条件に沿ったものかを判定する問題。

解法

それぞれの系統のバスは、WGRの順に出てくる。Wはいくつあってもよい。やったことは、前からバスの記録を見ていき、Gが来たら、その前にまだGと結び付けられていないWがあるかとRより多いかを見ている。cntwはGと結び付けられていないWが来たら+1でGと結び付けられたら、-1をしている。
自分でバグが取れなかった部分は、 すべてのGが記録された後に、またWが記録されている場合である。これは、最終1つ前のバスが通過していないことになるので、条件を満たさないことになる。これをflagで判定している。また、GとRの数が等しいという条件もある。

ミス

コンテスト中にはバグ見つけられないよ。 後ろから見ていくのがいいみたい。

コード

#include <iostream>
#include <cstdio>
using namespace std;
typedef long long ll;
#define rep(i,n) for(int i=0;i<(n);i++)

int main(void){
    int t; cin >> t;
    rep(i, t){
        string s; cin >> s;
        int cntg = 0, cntr = 0, cntw = 0;
        bool flag = true; //falseならWに対応するGがこなければならない
        if(s.size() < 3){
            printf("impossible\n");
            continue;
        }
        rep(p, s.size()){
            if(s[p] == 'G'){
                if(cntg >= cntr && cntw >= 1){
                    cntg++;
                    cntw--;
                    flag = true;//対応するGが来た
                }else{
                    printf("impossible\n");
                    break;
                }
            }else if(s[p] == 'R'){
                if(cntg >= cntr + 1){
                    cntr++;
                }else{
                    printf("impossible\n");
                    break;
                }
            }else{
                cntw++;
                flag = false;
            }

            if(p == s.size() - 1){
                //GとRの数は等しく、wはgより多く、Wのあとに対応するGがある
                if(cntg == cntr && cntw >= 0 && flag){
                    printf("possible\n");
                }else{
                    printf("impossible\n");
                }
            }
        }
    }
    return 0;
}