読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

srupのメモ帳

競プロで解いた問題や勉強したことを記録していくメモ帳

yukicoder No.30 たこやき工場

問題

問題概要

省略

解法

メモ化再帰で解いた。サンプルで与えられている図のように辺を張り、dp[i] := i番目の商品が必要な数 とおき、自分の子で必要なものの数から、i番目に必要な個数を計算する形にした。商品nが必要な個数は1個なので、dp[n - 1] = 1となり、それを基底部としている。ほかの部分はu -> vとなっているとき、uの必要な個数は、(vの必要な個数)と(uからvを作るのに、必要な個数)の積でわかる。これをメモしながら、やっていけばいい。

ミス

図のグラフと逆向きのDAGではじめ書いたけど、TLE。治せなかった。

コード

#include <iostream>
#include <cstdio>
#include <string>
#include <vector>
#include <cmath>
#include <algorithm>
using namespace std;
typedef long long ll;
#define rep(i,n) for(int i=0;i<(n);i++)
#define reps(i,f,n) for(int i=(f);i<(n);i++)
const int INF = 1e9;

int n, m;
vector<pair<int, int> > G[110];
vector<pair<int, int> > rG[110];

int dp[110];

int dfs(int u){
    if(u == n - 1){
        return dp[u] = 1;
    }
    if(dp[u]) return dp[u];

    int ret = 0;
    for(auto v : G[u]){// u -> v.first
        ret += dfs(v.first) * v.second;
    }
    return dp[u] = ret;
}

int main(void){
    cin >> n >> m;
    rep(i, m){
        int p, q, r; cin >> p >> q >> r;
        p--; r--;
        //p -> r
        G[p].push_back(make_pair(r, q));
        rG[r].push_back(make_pair(p, q));

    }
    rep(i, 110) dp[i] = 0;

    rep(i, n){
        dfs(i);
    }

    rep(i, n - 1){
        if(rG[i].size() != 0){
            printf("0\n");
        }else{
            printf("%d\n", dp[i]);
        }
    }
    return 0;
}