読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

srupのメモ帳

競プロで解いた問題や勉強したことを記録していくメモ帳

ARC 037 B - バウムテスト

arc 閉路 dfs

問題

問題概要

連結成分の中で、閉路がなく、木である連結成分の個数を求める。

解法

閉路を検出する問題。dfsで探索して、すでに探索した頂点をmemoで記録しておいて、同じところに2度来たら、その連結成分は閉路を持つので木ではないのでカウントしない。

ミス

なし。

コード

#include <iostream>
#include <queue>
#include <vector>
#include <cstdio>
#include <cstring>
#include <algorithm>
using namespace std;
typedef long long ll;
#define rep(i,n) for(int i=0;i<(n);i++)
const int INF = 1e9;

int n, m;
vector<int> G[110];
bool memo[110];
bool flag;

void dfs(int c, int p){
    for(auto next : G[c]){
        if(next == p) continue;
        if(memo[next]){//閉路
            flag = false;
        }else{
            memo[next] = true;
            dfs(next, c);
        }
    }
    return;
}

int main(void){
    cin >> n >> m;
    rep(i, m){
        int u, v; cin >> u >> v;
        u--; v--;
        G[u].push_back(v);
        G[v].push_back(u);
    }

    rep(i, 110) memo[i] = false;

    int ans = 0;
    rep(i, n){
        if(memo[i] == false){//まだ調べていない頂点
            flag = true;
            dfs(i, -1);
            if(flag) ans++;
        }
    }
    printf("%d\n", ans);
    return 0;
}