読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

srupのメモ帳

競プロで解いた問題や勉強したことを記録していくメモ帳

aoj 0515 - School Road

AOJ dp

問題

問題概要

高校数学で出てくる場合の数の問題。

解法

dpで解きました。(x,y)=(0,0)への行き方を1通りとして、(1,0)は(0,0)からの1通り、(0,1)は(0,0)からの1通りの方法で行くことができ、(1,1)は(0,1)と(1,0)から行く方法があり、(0,1)と(1,0)へ行く方法はすでにどちらも1通りずつとわかっているので、それらの合計をとり、(1,1)へ行く方法は2通りとわかる。これを続けていけばいい。

ミス

もらうdp?で書いたけど、あげるdpでも書けるのかな。

コード

#include <iostream>
using namespace std;
typedef long long ll;
#define rep(i,n) for(int i=0;i<(n);i++)

int w, h, n; 
int dp[20][20];// x y
bool memo[20][20];// x y
int main(void){
    while(1){
        rep(i, 20)rep(j, 20){//初期化
            dp[i][j] = 0;
            memo[i][j] = false;
        }

        cin >> w >> h;
        if(w == 0 && h == 0) return 0;
        cin >> n;
        rep(i, n){
            int x, y; cin >> x >> y;
            x--; y--;
            memo[x][y] = true;//工事
        }
        dp[0][0] = 1;// x = 0, y = 0にたどり着くまでの道順の通り数
        for (int x = 0; x < w; ++x){
            for (int y = 0; y < h; ++y){
                if(memo[x][y]) continue;
                //もらうdp
                if(0 <= x - 1 && x - 1 < w){
                    dp[x][y] += dp[x - 1][y];
                }
                if(0 <= h - 1 && h - 1 < h){
                    dp[x][y] += dp[x][y - 1];
                }
            }
        }
        cout << dp[w - 1][h - 1] << endl;
    }
}