読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

srupのメモ帳

競プロで解いた問題や勉強したことを記録していくメモ帳

yukicoder No.11 カードマッチ 解説

問題

問題概要

省略

解法

まず、マークが同じで数字が異なる組み合わせをいくつあるか求める。方法はそれぞれのマークごとにいくつの数字が手札にあるかを調べることで求められる。
次に、数字が同じでマークが異なる組み合わせがいくつあるかを求める。方法は手札にないマークの種類と、使用されている数字の種類数を求めることでいける。

ミス

特になし。

コード

#include <iostream>
#include <algorithm>
#include <vector>
using namespace std;
#define rep(i,n) for(int i=0;i<(n);i++)

const int MAX_W = 1000010, MAX_H = 1000010;
int cnt[MAX_W] = {0};
bool mark[MAX_W] = {false};
bool num[MAX_H] = {false};

int main(void){
    int w, h, n, ans = 0;
    cin >> w >> h >> n;
    vector<pair<int, int> > sk(n);
    rep(i, n){
        int s, k;
        cin >> s >> k; s--; k--;
        sk[i].first = s; sk[i].second = k;
    }

    //マークが同じで数字が異なるものを求める
    //一つのマークごとにいくつの数字があるかをメモっておく
    rep(i, n)cnt[sk[i].first]++;
    rep(i, w){
        if(cnt[i] != 0) ans += (h - cnt[i]);
    }

    // 数字が同じでマークが異なるものを求める
    //使用されているマークを調べる
    rep(i, n) mark[sk[i].first] = true;
    int cnt_mark = w;
    rep(i, w){
        if(mark[i]) cnt_mark--; 
    }

    //使用されている数字を調べる
    rep(i, n) num[sk[i].second] = true;
    int cnt_num = 0;
    rep(i, h){
        if(num[i]) cnt_num++;
    }
    ans += cnt_mark * cnt_num;
    
    cout << ans << endl;
    return 0;
}